2021年04月30日

今週は天皇賞

今週は京都競馬場……ではなかった,阪神競馬場で**天皇賞(春)**が行われます。

天皇賞(春)が阪神競馬場で行われるのはビワハヤヒデが勝った1994年以来ですが,各地の帝室御賞典が統一されて今の天皇賞の前身がはじめて行われたのは,関西では阪神競馬場でした。ただし,仁川にある今の競馬場ではなく,鳴尾にあった競馬場です。

今日発表のクッション値は次のとおりです。

競馬場 測定時刻 クッション値 クッション性(参考)
東京 10:00 8.4 標準
阪神 09:30 9.2 標準
新潟 10:00 8.5 標準

天気は09時〜18時の予想,馬場コンディションはメインレース時の予想です。

月日 競馬場 メインレース 天気 馬場コンディション
05/01 東京 青葉賞(GU) くもり (芝)良
05/01 阪神 天王山S(OP) くもり→雨 (ダ)重〜不良
05/01 新潟 バーデンバーデンC(3勝) くもり→雨 (芝)重
05/02 東京 スイートピーS(L) 晴れ時々くもり (芝)良
05/02 阪神 天皇賞(春)(GT) 雨→くもり (芝)重〜不良
05/02 新潟 吾妻小富士S(OP) くもり時々雨 (ダ)不良

27年ぶりの阪神開催,1953年のレダ以来68年ぶり(*1)の牝馬による勝利がなるか……などなど話題の多い天皇賞(春)ですが,残念ながら馬場状態には恵まれなそうです。

*1: 3200m時代の天皇賞(秋)では1980年にプリテイキャストが勝っています。

posted by Knkr at 16:37| 土・日の馬場コンディション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする