2021年10月08日

秋の東京開幕,阪神も開幕

今週から秋の東京開催がはじまります。

例年だともちろん秋の東京・京都開幕――なのですが,阪神だとピンときません。しかも阪神で京都大賞典とは……,

阪神で京都大賞典が行われるのは,なんと1994年以来です。当時は今のコースと違い,2500mで行われました。勝ったのはマーベラスクラウンで,ここをステップに次走でジャパンCを制することになります。

さて,今日発表のクッション値は次のとおりです。

競馬場 測定時刻 クッション値 クッション性(参考)
東京 10:00 9.1 標準
阪神 09:30 8.8 標準
新潟 10:00 10.1 やや硬め

天気は09時〜18時の予想,馬場コンディションはメインレース時の予想です。

月日 競馬場 メインレース 天気 馬場コンディション
10/09 東京 サウジアラビアRC(GV) くもり時々小雨 (芝)良
10/09 阪神 オパールS(L) 晴れ (芝)良
10/09 新潟 村上特別(2勝) くもり時々晴れ (芝)良
10/10 東京 毎日王冠(GU) くもり時々晴れ (芝)良
10/10 阪神 京都大賞典(GU) 晴れ時々くもり (芝)良
10/10 新潟 北陸S(3勝) 晴れ (芝)良
10/11 盛岡 MCS南部杯(JpnT) くもり→雨 (ダ)良〜稍重

東京,阪神とも春以来の開催の開幕週になりますが,例年どおりの東京と違い,阪神は年末までの3か月連続開催になります。どのような馬場につくられているのでしょうか。

posted by Knkr at 16:37| 土・日の馬場コンディション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする