2018年10月05日

G2の中のG2

今週から東京と京都に舞台が移ります。

その東京競馬場では“G2の中のG2”と呼び声の高い毎日王冠が行われます。ちょうど20年前のサイレンススズカ,エルコンドルパサー,グラスワンダーの生涯たった1度だけの対戦はもはや伝説になっていますね。

そして日本時間の7日夜には凱旋門賞が行われます。

また,8日には,オーロパークでマイルチャンピオンシップ南部杯(G1)が行われます。2011年に1度だけ東京競馬場で行われました。

例によって天気は09時〜18時の予想,馬場コンディションはメインレース時の予想です。なお,凱旋門賞の天気や馬場が気になるかたは,フランスギャロやメテオフランスのページをご覧ください。

月日 競馬場 メインレース 天気 馬場コンディション
10/06 東京 サウジアラビアRC(G3) くもり→晴れ (芝)良
10/06 京都 平城京S(1600万) くもり→時々雨 (ダ)良〜稍重
10/07 東京 毎日王冠(G2) 晴れ (芝)良
10/07 京都 オパールS(OP) くもり→晴れ (芝)良
10/08 東京 グリーンチャンネルC(OP) くもり時々晴れ (ダ)良
10/08 京都 京都大賞典(G2) 晴れ時々くもり (芝)良
10/08 盛岡 MCS南部杯(G1) 晴れ→くもり (ダ)良〜稍重

1度だけといえば,毎日王冠がかつて1度だけ福島競馬場で行われたことを記録で見た人はいても,レースそのものをリアムタイムで見た人ってどのくらいいるんでしょうねぇ。

勝ったのは当時福島の重賞を席巻していたタクマオー。ちょっと前でいえば,小倉競馬場のメイショウカイドウ的な感じですかね。今ではローカル大将とよばれるでしょう。

posted by Knkr at 14:50| 日曜日の馬場コンディション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする